珍しく長文書いてみました。

第1回←今ここ

第2回

第3回



初体験は15才でした。

処女ブログの人気にあやかってちょっとアダルトな話題とかしてみる。

いやね、大抵の人は初体験っていうと"甘酸っぱい"だと思うんですよ。

自分の場合は

orz

この一言に尽きますね。

実はK君、先天性の難病にかかっていました。
日本でも数人しか事例がないという珍しい病気で
学校の健康診断で再検査になって発覚しました。
命に別状のない病気だったので、緊急入院とかじゃなかったんですけどね
日本中あっちこっちのその道の権威という先生にいろんな検査をされて
約半年ほどモルモットにされてました…orz

学校も春休みに入る頃、
まとまった休みも取れるということで地元の病院で入院。
どこぞのエライ先生を呼び寄せて手術してもらうことになりました。

その病院、プライマリーナースとかいうシステムをとってまして
看護婦さんが専属でついてくれるというシステムらしいんですけど

夢のようなシステムですよね。主治医になってくれる先生も
やさしい人でしたし不安でいっぱいの入院生活も
ちょっと楽しくなりそうな感じするじゃないですか。

ただ、看護婦さんは
当時男子校に通っていたヤりたい盛りの学生には
ちょっと刺激の強すぎる看護婦さんでした。

例えるなら…

酒井若菜診断室

毎朝酒井若菜に起こして貰って
脈とってもらって、体温測ってもらって
体拭くのとか添い寝とかシモの世話とか!!

一部妄想混じってますが…。

男子校生なんてこんなもんです。まったく、どうして個室じゃないんだ!
こんなんじゃセルフバーニング(?)も出来ないじゃないですか!


もちろんですけど看護婦さんもとっても良い方でした。
よく言いますけど入院生活って、そりゃもう退屈なもんです。
なぜか面会室にあった、スーパードクターKを
全巻読破しちゃうくらい暇です。

看護婦さん(メンドクサイので以下"若菜")も
その辺で気を使ってくれたのか仕事以外でもホントに良くしてくれました。
暇なときに、「休憩代わりに」といって雑談しに来てくれて
学校のこととか話し聞いてくれたり
学生のクソつまらない話にもやさしく相槌打ってくれて。
白衣の天使って言葉が、まさにぴったり来る感じ。


ローティーンにしてまさに

"それなんてエロゲ?"

状況に放り込まれ妄想の毎日。
毎晩のティッシュの処理とか、ホント悩みましたよ。
朝起きてごみの回収に来る前に外のゴミ箱まで捨てにいったりしてw

上にも書きましたけど入院前の半年間の検査のおかげで
手術まではあっという間の日々でした。

エライ先生の都合に合わせての手術実施だったんですが
手術室に入ったときはビックリしました。
壁際をぐるっと取り囲むようにに2、30人の先生がずらりと…
さらにはテレビ局で使うようなでっかいカメラ。

医者「珍しい手術だからさ~、みんな見学したいんだって」

さらし者ですか、僕

で、全身麻酔されてあっさり昏睡。いつの間にか終わってましたw

手術後は絶対安静ということで枕元に尿瓶置かれて
トイレにも立てない状態でした。

しかし、ベッドの上で尿瓶使ってするのって
どーしても出来なかったんですよ。
脂汗流れ出るぐらい我慢しても出来なかったので
絶対安静を破ってこっそりトイレに行ったらめちゃくちゃ怒られました。

K「だってベッドの上で出来ないんですよ!」

若菜「じゃあ次したいときはナースコールしてね。なんとかするから。」


何とかするって言葉の意味が解らず
したくなったら素直に呼んだんですけどね…。


K「すみません、お願いします…。」

若菜「はーい、じゃあパンツおろそうねー」

K「くぁwせdrftgyふじこ」

若菜「恥ずかしくないよー大丈夫大丈夫」

若菜はあろうことかパンツをずり下ろすと
K’sジュニアを取り出しました。

全然大丈夫じゃない

それこそ頭の中は"sneg"ですよ(当時そんな言葉なかったけどw)
とはいっても、ジュニアの尿道に細い管を通すだけで
すぐ開放されたんですけど。ちょっと残念


管のおかげで尿道の締め付けがなくなり
膀胱に溜まってたモノが排泄される仕組みみたいでした。
尿瓶を見て、いっぱい出たねー、と満足そうな若菜
ベッドに丸まってスンスン泣くK君。
…もうお婿にいけない、って感じでした。何せ多感な10代ですし。
まぁ向こうは業務の一環でしょうし特に特別な意味はないんでしょうけどね。


そんな状況に、ふとしたことから転機が!

実はK君、中学生の頃から携帯電話を持ってたんですよ。
生意気なガキですよね。
まだメールも微妙な時代、友達もその頃はPHSだったので
そんなに電話もかかってこなかったんですけどね。

で、親に携帯を持ってきてもらって枕元に置いてたんですけど
よく考えたら、病院内って携帯禁止じゃないですか。

若菜「病院内は携帯駄目なんだよー?メールチェックとかは外でしてね」

なんて注意されちゃいまして。大分打ち解けてたのもあり
冗談7割下心3割で

K「わー、ごめんなさい。電話番号教えますんで許してくださいw」

なんて、言ってみたんです。
馬鹿なこと言ってないのーなんて、軽く返してくるかと思ったら

若菜「それじゃ、メモ取るから教えて



sneg?sneg?




続きはこちら

2 コメント

  1. 野島キウイ // 5/8/07  

    kwsk
    今の気持ち。明日すんごい期待しています。

  2. K // 6/8/07  

    kwsk頂きましたー!
    ハイ喜んでー!

    ということで、続きをどうぞ!

    …期待はずれだったらごめんなさいw