たとえ本文が誤字だらけでも、タイトルだけは間違うわけがいかない。
お久しぶりです。kay@花柳の巷 です。

実に3か月!いやー、サボったなー!サボりすぎて自分がブログ持ってること忘れてましたからね!
皆さんのよくもオメオメと再開しやがったなと言いたげな目線に答えて簡単に経緯説明

この間、友人の名刀君と飲みに行ったんですよ。
就職でド田舎に旅立つってんで、若干の見送りムードで
何でも最近ニコニコ動画にハマったとかで事もあろうに名刀は自分のサイトがあるにも関わらず
「小生も動画を作ってうpしてみようかしらん」などとのたまうニコ厨ぶり

折角自分のサイトがあるんだから、そこに上げればいいじゃない!
わざわざニコ動の発展に手を貸すなんて馬鹿らしいと思うだろ!?
もちろん、"ニコ動ブランドによる集客力"は大きな魅力だが
それに頼らず、人が自然に集まるような動画を作るのが"真の創造力"じゃないのか!?
何?メンドクサイ?毎日更新なんて忙しくてできない?そんなに気合い入れて作れない?
バカヤロー!そんな甘い考え捨てちまえ!エンタテインメントってのは命がけなんだよ!
鶏口となるも、牛後となるなかれ!チンケな大衆に飲まれるんじゃあない!


酒の力もありましたが、熱く語りました。ヴィヴァ!若者!若いっていいね!
もはやサングラスのおっさんが"これが若さか"とか言いながら吹っ飛んでいくレベルですよ
このアツさには如何な名刀といえどもはやメロメロでしょう。
先生!俺が間違ってたよ!一緒に夕陽に向って走るんだ!
的な展開が目の前に浮かびましたからね。
これは俺の男の格も上がっただろウフウフフフフ


対して、名刀のリアクションはシンプルでした。

「…お前もブログ全然更新してないじゃん」


認めたくないものだな…
…自分自身の若さ故の過ちというものを



更新再開した理由?一言で言うなら


第拾九話 男の戰い
     INTROJECTION

0 コメント