カフェで隣に座ったおねーさんが化粧品のマルチに引き込まれていく瞬間を見てしまいました。
漏れ聞いたところによると、田舎から出てきた20歳の女の子らしい…。

おねーさん…マルチじゃあなたの欲しがってる「もっと何か大きい物」も「もう少し余裕のある暮らし」も手に入らないんだよ…。
商品が売れないのは"商品を売ってる自分が信用してもらえないのが悪い"んじゃなくて、"商品"と"売り方"が悪いんだよ…。
隣でウンウン!って頷いてるあなたの友人は、その男の話に心から感動して頷いてるんじゃなくて、いつ爆発するかわからない時限爆弾をあなたに押しつけるために必死なんだよ…。

隣に座って聞いてるとこんなに胡散臭い話なのに、聞いてる本人はどうして騙されてしまうのかなぁ。

などと考えながら、元締めらしき胡散臭い関西人のトークを
"お、この言い回しは自分の営業にも使えるな!"と思ってしまったけい君はヨゴレです。

0 コメント