な、なんだってー!?

いやね、webサイトの作成とかやってると作成ガイドラインの"過去のverのブラウザにどこまで対応させるか"が怖くて仕方ないんですよ。
Internet Explorer 6.xとかはまだいいですよ?
世間様ではもうInternet Explorer 8が出たというのにInternet Explorer 6.x。ええいいですよ。仕方ないですよ。まだ使ってる人も中にはいますからね!

中にはInternet Explorer 4.xに対応させろとかいう無茶を言う会社もあるわけですよ…。
それ10年前のブラウザじゃね?って正論吐いても「うちの社長が未だに4だから…」って言われたら、グーの音も出ないわけですよ。
大体4て…もうどこに行けばブラウザがあるかすらわからなくて、動作確認すらできないわけですよ。

過去バージョンなんて無くなればいい。すべて消えてしまえ。新しいブラウザが出たら即座に乗り換えろ。その日のうちに浸透率100%になれとばかりに丑三つ時に藁人形を持って神社参りをしていたけい君なのですが、マイクロソフトはそれよりもっと素晴らしい方法で過去verを抹殺しようとしているようですね。

Windows XPに感染する (Vista と 7 は対象外) マルウェア流行中

パソコンメーカー数社が「お知らせ」を出しているが、Windows Vista, 7 には感染せず、WindowsXP (おそらくそれ以下のバージョン) で発症するトロイの木馬型不正プログラムが 10 月 15 日前後から流行しているらしい。
(中略)
症状としては起動後、Windows ロゴの表示後、マウスポインタのみとなり作業できない、また、セーフモード起動もできないという重篤なもの。

すげー。マイクロソフトすげー。
過去verをこれで一括削除。
強制的にwindows7に乗り換えさせるこの手口。
けい君も見習って無茶を言う会社の社長のPCをぶち壊しに乗り込みたいと思います。


※当ブログ花柳の巷は事実をもとにしたフィクションです。

0 コメント