以下の文は"ギャラリーフェイク"という漫画を読んで思ったことです。所詮漫画を久しぶりに全巻読み返して感化された凡人の戯言ですので、その程度の認識で読んでください。。。

高校生の時、イギリスに1ヶ月だけ留学しました。
一ヶ月程度では"EIKAIWA"すらままならず、殆どの事を吸収できず、異文化を急激に取り込んで消化不良を起こして、腹を下しただけでしたけどね。そんな下痢便野郎がただひとつ学んだ事は

"己のアイデンティティを確立し譲れないスタイルを持つこと"

イギリスの持つ、強烈な美意識とスタイルに感化され、なお取り込まれまいと意地を張った結果、神話の時代まで日本史を振り返り、平行して他文化の基礎を知り、最終的に行き着いた概念が"粋"でした。
日本人の誇るべき、そして人生の模範となるべき概念こそ、粋だと思うのです。

そのために最低限必要なことは"教養に裏づけされたユーモア"と"好奇心"。
好奇心を持って、自分が何を好むのかを知り自分が何をすることで快楽を得られるのかを知る。

そもそも、日本という文化は神話の時代から面白すぎる。
他の国とはまるで異質でありながら、他者を許容する大きな懐を持って、なお成長を続けるトリックヒーローなんですよ。
最近はアメリカイズムに染まってる感がありますが、単なる劣化コピーからもう一段階上に上るための大切なファクターが"粋"なんです。
アメリカイズムに限らず、他文化を吸収し、粋を取り入れて発信してこその日本文化。

なんか小難しいこと色々書いたけど、要するにギャラリーフェイクは超お勧め。
あと"おせん"は日本人のバイブル。義務教育に取り入れて全員読むべき。

俺には夢がある 両手じゃ抱えきれない
俺には夢がある ドキドキするような
byあの人
  • 行きつけのバーが欲しい。
    別にカッコなんかついてなくていい。
    平日はあんまり人が来ないけど土日は結構賑わってて、常連同士が気さくに話せて。
    そこには下らない話からまじめな話までが出来るようなマスターがいて。
    仲良くなって、仕事の事とか人生の事とか、生き方の事とか話すんだ。
    もちろん酒のことは色々教えてもらうんだ。
    …これは若干叶いつつあるな。
  • 行きつけの温泉宿が欲しい。
    豪華じゃなくていい。派手じゃないほうがいい。
    寂れてて、温泉以外ほかには何もなくて、フラっと町に出るとそこはシャッターストリート。
    それでも露天は一流で、秋には紅葉冬は雪を見ながら湯に浸かれる。
    料理は分不相応なほど凝ってて、四季のものとか土地のものを人手間かけて料理してくれるんだ。
    女将が油の乗ってトウのたった美人なら尚良いね。
  • 車が欲しい。
    BMW Z4。
    もちろん、遊び車として2台目に買う。
    小学生の息子にせがまれて息子を助手席に乗せてドライブしたい。
    そこで話すのは学校のこと、将来の夢のこと、友達のこと、ちょっと気になるあの子のこと。
    俺が話すのは息子のお母さんとの、若かりしころの思い出。
    もちろん最後に「ドライブ中の話は男同士の秘密だぞ!」っていって聞かせて。
    大学生になった息子が「デートで使いたいんだよ!」って言ってきて「お前、大切に乗れよ。絶対傷つけるなよ!」ってしぶしぶ(でも内心は小躍りしながら)キーを放って渡すんだ。
  • タヒチかバリで気軽にバカンスがしたい。
    別に何にもしなくていい。
    海の上にあるテラスで一日中波の音を聞いて昼寝してたい。
    ふと気がついたら日が暮れてて「あぁ、何にもしないで一日終わっちゃったな」ってちょっと後悔しつつ、そんな一日を過ごせたことに感謝したい。
  • 40になっても50になってもモテたい。
    それも20代の若い女の子から。
    迫られて、誘惑されて。それでも「妻以上にいい女がいない」とか愚痴りたい。
何だかんだ言われたっていい気になってるんだ
夢がかなう その日まで夢見心地でいるよ
byあの人

ありがとう、真島さん。あなたのおかげで俺は今日も生きていけます。